元社畜の入院が突然決まった

去る8月4日、僕の入院がきまった。

あれよあれよという間に入院の話が進み、僕は呆然としながら入院の書類にサインした。

きっかけとなったのは母親の自殺だった。

 

衝撃の知らせ

7月30日、僕は横浜でスパを楽しんでいた。

やたらと父親から着信があったのでかけ直したが、つながらず、再度かけ直してきたので出た。

 

父「お母さん死んじゃった」

僕「はっ?!」

父「首吊った」

僕「はっ?!!!」

 

父の声色は上ずっていて、それが到底嘘には思えないリアルさだった。

そのあと2,3言会話したが覚えていない。

その場で座り込み、理由を考えた。まず思ったのが「自分のせいだ」ということ。

 

母はもともと様子がおかしかったが、さっきのさっきまでLINEで会話していた、その時ひどいことを言った気がする。だから自分のせいだと思った。4月に退職し、放浪生活を送り続ける僕を母は心配していた。家族のトラブルも多かったのでちょうど距離を取りたいと思っていたところに母がしつこく心配している旨のメッセージを送ってきていたのでイライラしていた。(この家族トラブルは後々書く)

 

自分としても「またいつものヒステリックか・・・」と思いながら自分はなんとかやっているから心配しないようにメッセージを送っていた。でもあまりにしつこく心配されるのでキレて暴言を浴びせた。。

うっせーなぁ、とか思いながら温泉を楽しみ、風呂あがりにマッサージなどを受けていた。

 

いったん止んだと思った母からまたLINE攻撃。

 

はーぁ、と思いながら返していたがやたらと住所を気にする。

僕はその前の週まで妹と暮らしていたのだが喧嘩がキッカケで追い出されて家なき子で、友人宅を転々としていた。だから「住所は決まったら教えるとあれほど言ってる!!」とキレ返した。

 

そういった流れがあった中で、突然の訃報、しかも母親の。更にそれも首吊り。

 

僕はパニックになった。

 

そして逃げ出そうとした。「どうしようどうしよう俺のせいだ俺のせいだ」という思考が先行していた。

 

そして飲み明け暮れて、通院→いきなり入院宣

実はいろいろあって結局は母の元に行き、最期には看取ることもできた。一度心肺停止していたようだが、蘇生して救急治療センターで生きていた。何度か心肺停止を繰り返して死んでいった。

 

自殺ということもあり、田舎のネットワークを恐れた父はひっそりと葬儀?することにした。

いわゆる家族葬であったが、お坊さんが来てお経を読むでもなく、神父が来て祈りを捧げることもなく、スッと火葬。家族だけで骨を抱えて帰宅。それまでほとんど寝ていなかったので2時間ほど仮眠して、今いる街「横須賀」に帰ってきた。

 

そして飲み明け暮れた。とにかく飲んで飲んで忘れて飲んでそれも忘れて飲んで飲んで。

同居する友人たちにも心配されていたと思う。実は以前から酒飲みではあったので、アルコール依存の外来でカウンセリングを受けようと思っていたところだった。そこに衝撃的な事実が起きたので、自分もそのストレスから開放されてハッピーになりたくて強い酒を飲みだしていた。

 

そして前々から親に勧められていた病院に行くことを決意。以前から酒飲みとして心配されていた。そして、家を追い出されてから2週間、いっきに酒量が爆増。さすがに自分でもコントロールできない状態だった。

 

そういったことも辞めたいし、できるならストレスも感じず平穏に生きたい、という思いがあったので病院へ行った。

 

そして、症状や自分の現状を医師に洗いざらい話したところ

 

「まあ、今はご家族とは離れていたほうがいいと思いますし、現状を考えてみても『入院』が妥当と思います

 

え?って感じだった。自分のイメージだと普通に通院して、薬を飲んで徐々に酒を減らして、という治療を想像していた。

 

そうしてあれよあれよと入院時の説明が始まり、途中からどうでもよくなっていたのもあり最終的にサインした。

 

呆然としながら友人の待つ横須賀の家に帰った。自分でもおかしくて笑っていた。

 

手には氷結を持っていた。どこで買ったかももはや覚えていない。

もう完全にアルコール依存状態になっていたのだ。

ほとんど眠ることもできず、ただいたずらにアルコールを煽り続けている状態であった。

 

なんかもうどうでもいいや

 

というのがその時の心理状態だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生エピソードにそれなりのタイトルをつけて楽しむ遊び

意外に面白かったので残す。
恥ずかしくなったら消す。

元六本木のIT社畜が実際に遭遇した理不尽なこと その1

「3日以内にこれをリリースしないといけない、ATS(Apache Traffic Server)の導入も必要」

という案件。当時自分は1年目。

その時、上司が言った。「俺がATSやっとくから、お前は改修プログラム書いてくれ」

 

プログラムは泊まりこみで2日で完成。だいたい500行くらいのプログラムだった気がするが、素人エンジニア1年目には重かった。

テストも網羅。緊急時の切り替え機構も作った。

 

迎えた3日目。

 

ごめん、やってなかったからATSもよろしく

 

え 今日?from now?!

 

まてまてまて、プログラムの"p"の字も知らないまま入社した1年目だぞ。

 

ATSってなに?!全然記事ないじゃん!!

 

ATSをググる

自動列車停止装置 - Wikipedia

 

ねえApache関係なくない?

 

そして頑張った。22:00過ぎだった。

 

さあリリースや!!!!!!!

 

と思って上司に報告した時、

 

「あ、連携先が開発伸びてるから、あと1日かかるって」

 

 

その時の心境がこち

youtu.be

 

上司きつくない?

 

 

 

 

もしかして俺、働かなくても生きていけるんじゃないかと気づいた話

ある時気づいた「俺、もしかすると働かなくても生きていける」

 

現在は某IT企業でエンジニアをやっている27歳独身。

4年目ということもあり、大抵の言語は理解できる。

Java,JavaScript,Go,PHPなどが主に得意、他にもShellやSwiftなども経験がある。経験がない言語も「ふーん、こんな感じね」って覚えられる。

主にはECのWebカート、バックエンドのAPIAndroidアプリ開発をやってきた。何でも屋さんになりつつある。

 

ある時は100時間を超える残業を経験し、ある時は毎日15:00退勤できるくらいまでになった。

 

趣味で、アウトドアをする。ソロキャンプだ。

夏~秋は毎週末。キャンプ場に行くこともあれば、本当にdocomoすら電波の入らない未開の山でテントを張る。食料は非常用のカロリーメイト1箱だけ持っていく。基本は現地調達である。

現地では主に渓流で魚を取る。もちろん遊漁券(釣魚券)を買ってやる。

餌は現地調達する。川底の石を引っくりかえして川虫、ゲラ、オニチョロなどをとる。

それでイワナ、ヤマメ、マスなどを釣る。

山草も覚える。食えるものはなんでも確保。ついでに薪を調達。

使えそうな物、例えば前に来た人たちが捨てていった網とか空き缶、ペットボトルやロープも確保する。

網はシェルターを作るときの屋根に応用できるし、漁や罠にも使える(やったことないけど)。空き缶は飯ごうになる。ペットボトルは飲料水確保のろ過器に応用できる。

 

とにかく使えるものはなんでも使う。

 

先日、大学の先輩3人とキャンプをした。

もうね、ドン引きされました。

(あ、俺来るとこまで来たな)という思いがしました。

楽しいキャンプでした。絶滅危惧種のカジカを釣り上げてしまい、ハリがはずせずに弱って死んでしまって、悲しい気持ちになりました。

仕方ないので捌いて焼いて食べてしまいました。

 

「命をいただく」という思いで、食べました。素晴らしい味です。「俺生きている」と実感する味です。(カジカは鍋壊しと名付けられるくらい美味です)

 

そのカジカは抱卵していました。捌いて内蔵を取るときに確保しました。

食べました。生で。

臭みはあるものの、イクラよりすこし硬い食感で、魚の卵の味です。良質なタンパク質を確保しました。

 

そんなことはどうでもいいですね。

 

その時、「あれ?俺もしかして働かなくても生きていけるんじゃね?」と思ったのです。

 

2年前から体調を崩しがちでよく会社を休んでいたのに、なぜか山で体調を崩したことがない。

生のカジカの卵を食べても大丈夫だったのです。おそらくとてもきれいな川にしか生息しない生き物だからと思います。

 

むしろ山の中でしか生き残れない?

 

都会に帰ると途端に花粉症が発症、熱まで上がる始末。結果会社を休む。

 

山は風が通るからそんなに花粉を感じない、他の木が受粉している。都会の窪地の方がむしろたまり場みたいになっていて、コンクリートで更に舞い上がる。

 

都会を出た方がもしかしたら健康なのかもしれない。

 

そんなこんなでいろいろ重なって、「東京はもういいか」と決意しました。

 

都会にいるから苦しいのかもしれない。精神的にも、健康的にも。

 

私は山に帰りたい。還りたい。

カエリタイ

初カキコ…ども…

初カキコ…ども…

俺みたいな社会人ではてブロ見てる腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日の職場の会話
バグは仕様 とか 仕様はそもそもない とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠で死体を見て、呟くんすわ
it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな音楽 中島みゆき
尊敬する人間 スティーブ・ジョブズマリファナはNO)

なんつってる間に0時っすよ(笑) あ~あ、サラリーマンの辛いとこね、これ